aadc 診療予約
無料相談

【矯正歯科, インビザライン】

抜歯矯正の治療による引っ込んでしまった場合の治療法と予防法

歯矯正は引っ込み過ぎてしまう可能性があるため不安だという声を患者様からも聞きます。ただし、適切な治療を行うことで抜歯矯正により引っ込み過ぎてしまうといった問題を回避することが可能です。もし同じく迷っている方はこの記事で参考にしていただければと思います。

抜歯矯正とは?具体的な治療法をご紹介

抜歯矯正は、1本または複数の歯を抜歯することで、より効率的に歯を動かすために矯正歯科医が使用する専門技術です。

特定の歯を抜くことによって、歯科矯正医は、残りの歯を動かすためのより多くのスペースを作ることができます。
この技術は、非常に混み合った口の中や、特定の歯が口の中の奥に位置しすぎて正しい位置に移動できない場合に特に有効です。

世界でも技術的に優れたインビザライン・マウスピース矯正治療

抜歯矯正で引っ込んでしまった場合とならない方法

歯が引っ込み過ぎると、食事や会話、微笑みに支障をきたすことがあります。
抜歯矯正は、矯正医が患者の長期的な歯の健康のために有益であると考える場合、歯を除去することによってこの問題に対処するのを助けることができます。

このプロセスは、治療の機能的・審美歯科的結果を向上させ、さらなる問題の予防にも役立ちます。

抜歯矯正を検討する前に、各患者のケースを歯科矯正医が個別に評価する必要があります。
歯科矯正医は、患者さんの病歴と歯歴を評価し、必要なレントゲンを撮り、口の中の全体的な状態を評価します。

歯科矯正医が、1本または複数の歯の抜歯が有益であると判断した時点で、治療計画が設定されます。

抜歯矯正は、非常に精密で複雑な処置であり、矯正医は、いつ、どのように行うかを慎重に検討する際に、最大限の精度を持つ必要があります。

恵比寿の専門歯科の歯を抜かない矯正治療

≪ 前の記事 一覧へ戻る 次の記事 ≫