aadc 診療予約
無料相談

【矯正歯科, 前歯部分矯正, インビザライン】

目立たない表側矯正歯科治療法で歯並びを治療する装置・方法とメリットとデメリット

表側矯正を行うことで歯並びを整える効果が期待できます。表側矯正を行う際に必要な治療法と装置とメリットとデメリットをご紹介します。

表側矯正歯科とは

表側矯正歯科は、患者さんの歯並びに焦点を当てた矯正歯科の一分野であり、美しくバランスのとれた笑顔を実現することを主な目的としています。

表側矯正歯科の治療法と使用する装置

表側矯正歯科の治療法では専門的な機器や技術を駆使して、過密な歯並びや隙間、歯並びの悪さにも対処します。
一般的に、表側矯正医は、希望する結果を得るために、透明な歯列矯正器具と「見えない」アライナーを使用します。

見えないアライナーはプラスチックでできており、歯の上に快適にフィットします。
透明な歯列矯正は、従来の金属製歯列矯正のように目立たないタイプの歯列矯正です。

表面矯正医は、患者さんの口の中の様々な部分を分析し、理想的な治療方法について相談します。

透明で取り外しできる歯科矯正のインビザライン・マウスピース矯正

また、最も適したタイプの歯列矯正器具やアライナーを一緒に決めます。
治療期間中、歯科矯正医は、患者が適切な口腔衛生を維持するのを助け、定期的な検診と調整のために定期的に検診をおこないます。
近年、目に見えない矯正などさまざまな技術の進歩と表面矯正専門医の増加により、矯正も様々な治療の選択ができるようになりました。
そのため、気軽にまずはご相談をいただければ、ご要望にあわせた矯正治療をご提案が可能です。

表側矯正歯科のメリットとデメリット

表側矯正歯科のメリットとデメリットについて簡単にご紹介します。

表側矯正歯科のメリット

  • ・歯科矯正の中では治療費が安価
  • ・表型矯正は装置が豊富なためほぼ全ての歯並びの治療が可能

表側矯正歯科のデメリット

  • ・矯正装置が表につくため矯正してるのを知られる
  • ・食べ物が詰まったり引っかりやすい

目立たないブラケットなどでデメリットを解消することができます。また、矯正方法については幾つかあるため、まずはヒアリングをさせていただければ費用や適切な施術法をご提案します。

歯を抜かない矯正治療

≪ 前の記事 一覧へ戻る 次の記事 ≫