aadc 診療予約
無料相談

【前歯部分矯正, インビザライン】

上の歯だけ歯科・歯列矯正治療を行う方法と治療期間についてご紹介

上下の歯科・歯列治療ではなく、上の歯だけを矯正する方法やおおよそ掛かる治療期間、メリットとデメリットについてもご紹介します。

上の歯の歯科・歯列矯正とは

上の歯の矯正治療は、一般的に上下の歯の噛み合わせがアンバランスな場合に行われます。
これを修正するために、金属製の歯列矯正装置、セラミック製の歯列矯正装置、透明なアライナーなどの矯正器具を使用することがあります。

透明で取り外しできる歯科矯正のインビザライン・マウスピース矯正

上の歯の歯科・歯列矯正の施術法と治療期間

上の歯の矯正治療は、歯並びの悪さの度合いにもよりますが、平均して6~18ヶ月かかります。
上の歯の矯正治療で対処できる一般的な問題は、過度の叢生、過度の咬み合わせ、隙間のある歯、および交差咬合です。

上の歯の矯正治療に関しては、矯正歯科医に相談し、最良の方針を決定し、患者が治療の良い候補者であることを確認することが重要です。
上の歯の状態を評価するために、矯正歯科医は印象の型、写真、レントゲン写真を撮り、患者さんの歯の状態をより良く理解することがあります。

前歯部分矯正 治療

事前のヒアリングを行い検討した後、矯正歯科医は最適な矯正装置と治療にかかる期間を含む治療計画を作成することができます。

上の歯の矯正治療のゴールは、上下の歯がバランスよく健康的で、審美歯科的にも美しい噛み合わせを作ることです。

経験豊富な矯正歯科医は、患者さんの目標が達成されるよう、あらゆる段階において患者さんと一緒に考えていきます。

治療が成功した後、患者さんは矯正歯科医に相談する必要があります。

もし迷っている場合は、当院へ一度ご相談ください。

≪ 前の記事 一覧へ戻る 次の記事 ≫