aadc 診療予約
無料相談

【審美歯科, 矯正歯科, 前歯部分矯正, インビザライン】

歯の隙間やすきっ歯を前歯部分矯正で治療する方法と予防法

前歯の矯正は、歯と歯の間の隙間を塞ぐだけの簡単な作業です。ポーセレンベニアを使用するのが一般的ですが、ベニアを使用しなくても部分的な矯正は可能です。歯の隙間やすきっ歯で悩んでいる方の参考になればと思います。

歯の隙間やすきっ歯をが治療できる前歯部分矯正とは

前歯の矯正は、歯と歯の間の隙間を塞ぐだけの簡単な作業です。ポーセレンベニアを使用するのが一般的ですが、ベニアを使用しなくても部分的な矯正は可能です。歯の隙間やすきっ歯といった隙間を治療する方法と予防法についてもご紹介します。

すき間を埋めるダイレクトボンディング法で治療

前歯の矯正は、歯と歯の間の隙間を塞ぐだけの簡単な作業です。
ポーセレンベニアを使用するのが一般的ですが、ベニアを使用しなくても部分的な矯正は可能です。

前歯部分矯正の治療法とその工程

歯列・歯科矯正や矯正治療を行い、歯並びを良くし、隙間を少しずつ埋めていくことができます。
このプロセスはベニアより時間がかかりますが、費用は安く、効果も同じように得られることが多いです。

部分矯正の過程では、歯の隙間と全体的な美しさの両方において、歯の正しい配置に注目することが重要です。
歯と歯の間に隙間がないだけでなく、見た目も美しくなるように、歯は互いに適切に配置されるべきです。

また、歯の形や大きさ、色も考慮に入れて、望ましい結果を得る必要があります。
最終的に、前歯の部分矯正は比較的簡単なプロセスで、成功の度合いもさまざまです。

希望する結果を得るためには、必要なスキルと経験を持つ専門家に相談することが重要です。
完成すると、歯は自然な状態に戻り、隙間がなくなり、対称的で美しい笑顔を取り戻します。

審美治療で白い歯ときれいな歯並びを

矯正治療後に前歯の隙間があいてくる原因

矯正治療後に前歯の隙間が空く現象は後戻りと称します。この矯正治療後に前歯の隙間が空いてくる後戻りの原因としては、考えられるのは以下の4点があげられます。

  • ・噛み合わせ
  • ・抜歯による問題
  • ・保定装置の装着不足
  • ・舌癖が治っていない

矯正治療後の後戻りの対処法

矯正治療後の後戻りに対しての矯正後に後戻りしたときの対処法は、「再治療」か「後戻りを防ぎ悪化させない」ことをまず優先的に行う必要があります。
そのため、リテーナーを再検討する必要があり、再治療する場合は、後戻りへの治療経験が豊富な歯科医に相談する必要があります

後戻りは早急な対処が必要のため、もしいま後戻りでお悩みの方は当院でも経験豊富な技師が在籍しているためまずはご相談ください。

≪ 前の記事 一覧へ戻る 次の記事 ≫