aadc 診療予約
無料相談

【審美歯科, 矯正歯科, 前歯部分矯正, インビザライン】

審美歯科と歯科矯正の違いとは?目的別に適切な治療法が選べるようご紹介します。

審美歯科歯科矯正は目的が異なります。その目的に応じて「審美歯科」か「歯科矯正」を選ぶ必要があります。
今回は審美歯科と歯科矯正の違いについて触れることで、どの治療を選択したら良いかをご理解いただければと思います。

「短期間で見た目を重視しながら、噛む機能を改善する」方法に対し、矯正歯科は「根本的な原因を改善しながら、正しい歯並びと噛み合わせにする」と治療の目的が違います。

審美歯科と歯科矯正の目的別の違いと治療法

審美歯科治療と矯正歯科治療は、どちらも歯科治療の一形態ですが、この2つには明確な違いがあります。

簡単にこの審美と矯正の違いを比較すると、以下のような目的の違いがあります。

審美歯科:短期間で歯の見た目を整えることを重視し、噛み合わせといった全体のバランスを改善する
歯科矯正:歯列といった歯並びが悪い状態を改善し、正しい歯並びと噛み合わせへと改善する

審美歯科の際に行う治療法

審美歯科治療は、歯の全体的な美しさを向上させることに重点を置いており、通常、ベニア、クラウン、ホワイトニング治療が行われます。

このような治療は、純粋にあなたの笑顔の外観を向上させるためのものであり、むしろあなたの歯の問題を支援するためのものではありません。

審美歯科で美しく白い歯ときれいな歯並びに

歯列矯正の際に行う治療法

歯列矯正治療は、歯並びを整え、歯並びの問題を解決するために行われる治療です。
このタイプの治療では、歯列矯正器具や保定装置などの専門器具を使用して、歯を望ましい位置に移動させることができます。

また、歯列矯正は、単に歯の見た目を良くするだけでなく、歯や顎の位置に関する根本的な問題を解決するのにも役立ちます。

最終的には、歯科医に相談して、自分の歯のニーズに合った治療法を決めることが重要です。

歯を抜かない矯正治療

≪ 前の記事 一覧へ戻る 次の記事 ≫