aadc 診療予約
無料相談

クラウン/インレーとは

虫歯を治した後に入れる白い被せ物、部分的な詰め物のことです。
当院ではセラミックスとジルコニアを使用し、
奥歯においても金属を使わずに審美的に機能回復をすることができます。

ジルコニアとは

ジルコニアの特徴 ジルコニア(ZrO2 二酸化ジルコニア)とは、キュービックジルコニア(人工ダイヤ)に代表される素材で、強く軽く生体に優しいセラミックスです。 医療では人工関節やインプラントなどでも使用されています。 非常に丈夫でアレルギー等の心配がなく、歯科において必要な条件である耐久性、耐熱性、耐食性、生体親和性を高レベルで併せ持つ理想的な素材、それがジルコニアなのです。 セラミックスとの違い 今まで歯科で使われてきたセラミックスは、歯と似た透過性を持ち、天然歯を再現する為に日々改良されてきた審美歯科を支える代表的な素材です。 しかし、唯一の弱点である強度においては十分とは言えずブリッジやクラウンにおいては金属をフレームに使うしかありませんでした。 ジルコニアは、その強度において注目され始めました。 色は真っ白しかなかったので表面にはセラミックスを乗せていました。その後開発が進み、インプラントで使用されたり色をつけられるようになり、クラウンやブリッジでも単体で使用されるようになり、現在では透過性を持たせられるようになりました。 これにより前歯のような美しさを必要とする治療でも使われ始めています。

ジルコニアの対応症例 インレー、アンレー、クラウン、ブリッジなど、今まで金属で行われていた全てをカバーすることができます。ただし、保険は適応しないため、これらの治療は全て自費治療になります。

ジルコニアセラミッククラウン

強度と美しさを兼ね備えたクラウンです。白いダイアモンドと言われるジルコニアをフレームとしてブリッジも可能な強度を持ち、セラミックスを表層にすることで美しさも備えています。咬合力のかかる部位にはジルコニアを露出させて壊れにくさを向上することができます。

  • 治療期間約3週間
  • 治療費用ジルコニアセラミッククラウン 1歯 ¥143,000(税込)×2本/形成印象料金 1歯 ¥7,700(税込)×2本
  • 治療内容元々入っていたセラミックインレーと、自分の歯が欠けてしまったため、強度のあるクラウンでの審美的、機能的回復を希望されました。神経のある歯のため、麻酔をして治療を行いました。型取りしてジルコニアセラミッククラウンが入るまでの間は仮歯を入れています。
  • 治療の副作用・リスクジルコニアの上部であるセラミックスが欠けることがある。神経のある歯の場合、削った後に知覚過敏が起こることがある。

フルジルコニアクラウン

強度と壊れにくさを誇るクラウンです。白いダイアモンドと言われるジルコニア単体で作られる最強のクラウンです。 天然の歯のような色調を完全に再現するのは難しいですが、奥歯でセラミックスだと割れてしまう、といった方などに最適です。

高透過性フルジルコニアクラウン

高い透過性でセラミックス同等の透明感と質感を持ち、より天然歯に近い自然な色調を再現することができます。前歯や小臼歯などの審美性が重視される部位にも適応します。また、ジルコニア本来の強度は十分に備えているため、安心してお使いいただけます。

ジルコニアクラウンの唯一の弱点である透過性の問題を解決前歯部などで天然歯を再現するには今までのセラミックスが最適です。長年にわたる技術革新により、プロが見ても天然歯と見分けのつかないほどのレベルを誇ります。しかし現在ではその領域にもジルコニアを使用することが可能です。前歯で1本のみクラウンで治療するケースでは、残りの天然歯に緻密に合わせなくてはならないため、従来のセラミックスが適応となりますが、4本〜6本と前歯を一気に治療する場合などでは高透過性ジルコニアが使用できます。※適応する症例については歯科医師にお尋ねください。

セラミックインレー - 審美・矯正歯科ならアンチエイジングデンタルクリニック恵比寿

セラミックインレー

陶器独特の透明感で、歯との一体感を出せる部分的なセラミックスの詰め物です。
天然歯に近い透明度や質感を再現できる素材なので、前歯の隣の小臼歯など、見える部分に最適です。

セラミックインレーのメリット

天然歯の色調を再現できる.透明度が高く審美的に優れている

セラミックインレーのデメリット

歯ぎしりや食いしばりのある場合は欠けることがある。力のかかる奥歯には向かないこともある

ジルコニアインレー

ジルコニアの強度を活かしたインレーです。
セラミックよりも硬く、割れたり欠けたりするリスクを回避することができます。咬合力の強い男性の方や、今まで部分的な詰め物や、セラミックスで欠けてしまったことがある方には最適です。

審美性がとくに必要な部位には、天然歯に近い色調の高透過性ジルコニアインレーがおすすめです。

ジルコニアインレーブリッジとは? - 審美や矯正、かみ合わせをあわせたEOM治療ならアンチエイジングデンタルクリニック恵比寿

ジルコニアインレーブリッジ

歯を失った後の治療として、選択肢のひとつになるブリッジですが、強度の高いジルコニアならインレーブリッジが可能です。

クラウン形態のブリッジよりも歯を削る量が少ないため、噛み合わせの違和感が出にくく、表側は自分の歯が残るので見た目も大幅に変わらないことが最大のメリットです。

ジルコニアインレーブリッジのメリット

  • クラウンブリッジに比べて歯を削る量が少ない
  • 通院回数が少ない(最短2回)

ジルコニアインレーブリッジのデメリット

  • 欠損部の両隣の歯が天然歯であること、極端に歯並びが悪くないことが条件になる。

  • 治療方法ジルコニアインレーブリッジ
  • 治療期間3週間(通院2回)
  • 治療費用 ジルコニアインレー ブリッジ ¥77,000×2本
    連結料2カ所 ¥11000 形成印象料金1歯 ¥6,600×2
    合計¥178200