aadc 診療予約
無料相談

噛める喜び

インプラントとは? 歯科におけるインプラント治療とは、失ってしまった歯を歯根(根っこ)から歯冠(歯肉より上の歯全て)を回復する治療です。 歯を失ったところにチタン製のインプラントを埋入し、そのインプラントを歯の根の代わりにして歯を復元させます。 となりの残存歯を削るなどの侵襲がないため異物感もなく、しっかり噛めるように回復することができます。失った歯が1本から多数歯の場合でも対応することができます。

当院ではノーベルバイオケア社のインプラントを使用し、症例に応じて2種類のインプラントを使用しております。
顎骨、歯周組織の状態により治療期間が変わります。

当院のインプラント治療は患者様とよく話し合い、 体に負担が少ない治療を選択するよう心がけています。
期間は長くかかる場合もありますが、 その後の長い期間使っていただくための治療をしっかり行っております。

治療方法(シンプルな場合)

  • 顎の骨をインプラントと同じ形にドリルで削りそこへインプラントを埋入し骨に固定します。
  • 2〜3ヶ月ほど、インプラントと骨が骨結合(オッセオインテグレーション)するまで待ちます。
  • 歯肉にインプラントと同じ形の穴を開けヒーリングアバットメントを入れます。
  • 型取りをしてクラウンを固定します。(スクリュータイプとアバットタイプがあります)

インプラント治療のメリット

  • 周囲の歯を削らずに治療できる ブリッジの場合は前後の歯を削って装着するので、虫歯がなくても歯を削らなければならないため削った歯の寿命に影響が出る。
  • 周囲の歯に負担をかけずに治療できる 3本のブリッジの場合、前後の2本で3本分の力を負担しなくてはならず歯の寿命に影響が出てくる
  • 咬合力が義歯よりも高く、天然歯同様の噛み心地が得られる
  • 取り外しが必要ないため、自身でのお手入れが楽である。
  • クラウンが壊れてしまった場合でも、その部分だけを治療すれば良い。 ブリッジの場合では1箇所壊れたりトラブルが発生した場合、3本〜それ以上をやり直さなくてはならない。

インプラント治療のデメリット

  • 全ての方が治療できる方法ではない 骨粗鬆症・糖尿病の方など、全身疾患のある方にはインプラント治療が向いておらず、インプラントが骨とくっつかなかったり骨壊死することもあります。
  • 外科処置が必要 血の流れを良くする薬を飲んでいたりする方には全般的に外科処置のリスクが大きい。また骨を増やすために入院する場合もあるなど、外科手術が大掛かりになる場合もあります
  • インプラントが骨と結合しない場合がある インプラントと骨が骨結合しない場合もあります、その場合には再度の外科処置が必要になります
  • 歯周病のリスクが高くなる 天然歯より歯周病を防ぐ力が弱いため、治療終了後もセルフケアをしっかり行い、メンテナンスも続ける必要があります。
  • 治療期間がかかる ブブリッジや義歯に比べて治療期間が長い。通常、3ヶ月〜6ヶ月ほどかかります。
  • 険外治療で高額な治療費がかかる

保証制度

当院では、自由診療の被せ物や詰め物、インプラントに関して保障制度を設けております。
治療終了時に保証書をお渡ししております。
装着後、この期間内に破損や脱離またはやむを得ず再治療の必要のある場合には、
完全無償にて再製することを約束いたします。

  • セラミッククラウン 3年
  • セラミックインレー、アンレー 2年
  • フィルテックコンポジットレジン 1年
  • インプラント 3年