【インビザライン】

2020年1月22日

インビザラインでの八重歯治療経過

歯科矯正を始めたいという方に、色々な矯正方法があることはお伝えしてきましたが、マウスピースでの矯正法もその一つとして人気があります。

マウスピース矯正を代表するインビザライン矯正の良い点は、

✔︎取り外しができること

✔︎歯にワイヤーや凸凹した装置がつかないこと

✔︎金属アレルギーの方でも矯正を安心して行えること

です。

インビザラインでは、通常抜歯を必要とされるようなケースや従来のマウスピースでは難しかったケースでも対応でき、前歯部分矯正などの軽度な歯列不正に合うプランもあります。また、アライナー自体にも歯を効果的に動かすための様々な工夫、機能が組み込まれるようになり、技術の進歩を感じています。

当院では、ワイヤーを使った矯正や審美治療とのコンビネーションでもインビザラインを使用して、できるだけ患者さんの時間的、身体的な負担が軽くなるような方法も行っています。

ちなみに、インビザラインをうまく進める秘訣として、

実現的な治療計画を立てることが重要です。

そして、一番の成功の秘訣は

1日の装着時間を守ること

アライナーが浮かずにきちんとフィットした状態で装着できていること

この2つを守れば、ほぼ治療計画通りの動きをしてくれます。

それでも治療計画と歯の動きとが合わなくなってきた場合には、作り直しが必要です。(治療計画変更やアライナーの再制作では追加費用はかかりません※インビザラインのコースによります)

がっちり歯にフィットさせてアライナーが浮かないようにするには

アライナーチューイを使うのが必須です。

マウスピース矯正をする方は必ず使って頂きたいマストアイテムです

写真がアライナーチューイなんですが、硬いロール状のガムみたいなものです。奥歯、前歯と1箇所数十秒ほどギューっと噛んで歯にしっかり装着させます。ただ、サクッとはめるだけでは浮いてしまうことがあるので必ず使ってもらっています。

インビザラインの基本的な進め方と装着の秘訣はこんな感じです。

次にワイヤーを使ったコンビネーション治療例をご紹介します。

インビザラインを希望されている方で、期間のかかりそうな歯並びの場合、患者さんの了承を得た方では、始めの一定期間だけワイヤー矯正でデコボコを直してからインビザラインに移行することもあります。また、途中で動きが悪くなってきた時にも部分的にワイヤーをつけることもあります。

この方は、ほぼインビザラインのみで行っていますが、インビザラインと併用して前歯の動きが遅れたところをワイヤーで部分的に動かしました。2~3ヶ月、見た目を一時的にガマンしても時間短縮することを優先したい方にこのような方法を行います。やっぱりワイヤーは絶対避けたいという方には再度アライナーを作り直し地道にアライナー治療だけで継続していきます。
また、写真のように奥歯の噛み合わせや顎の位置を直す場合にはゴムをかけることもあります。※ライトやエクスプレスなどの短期間のコースでは行いません。

そして、かなり重度の歯並び不正の方の場合がこちらです。

八重歯がかなり目立つ乱杭歯です。抜歯はしないで、歯を後ろに動かし横に広げ、歯の間を削りながら抜かずに歯を並べていきます。
まずはワイヤーを前歯の後ろまで部分的につけてデコボコを直します。八重歯を直すのはワイヤーの方が早いです。
4~5ヶ月でデコボコを直したらインビザライン治療のスタートです。患者さん的にはもうこれでも満足!と言われたりしますが、いやいやこれからが本番なのですよ~と言っています。

終了に近い状態です。こちらの方はワイヤー矯正からスタートして2年半の期間がかかりました。頑張っていますね^^

 

インビザライン治療はアライナーの使用だけで直せる場合が多いですが、歯並びの状態によってはワイヤーを使用したり、審美治療で行うコンポジットレジン法を取り入れたりすると時間の短縮と審美的完成度が高くなります。全体的に行うコースや前歯だけ直すような短期間のコースなど、一人ひとりの歯並びに合わせてコースの選択が出来ます。様々な活用で対応できるので治療の幅が広がるところも良い点です。

矯正を始めようかな。。。と悩んでいる方は、この方法も一つの選択肢として考えてみて下さい。

参考になれば幸いです^^

インビザライン.マウスピース矯正についてはこちら

前歯の審美治療もお任せください。

アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿の無料相談・ご予約はこちらから

≪ 前の記事 一覧へ戻る 次の記事 ≫