aadc 診療予約
無料相談

奥歯を噛みしめる癖がある
歯ぎしりで歯がすり減っている
顎が痛い、顎が開きにくい
首や肩がこる

などの症状を改善、予防するための治療です。
具体的な症状を幾つかヒアリングすることで最適な治療法をご提案することが可能です。

マウスピース療法

歯ぎしり、食いしばりによる歯や歯周組織への負担を軽減し、 顎の痛みや咬筋のこわばり、顎のズレ、歯のトラブル、 首や肩の凝りや頭痛などの症状を和らげます。 当院では、歯型を覆うだけのマウスピースをはじめ、 電気刺激低周波治療器を使用し噛み合わせを調整して製作するマウスピースなど、 患者様の症状に応じたマウスピースをご提案させて頂いております。
食いしばりや歯ぎしりの予防と改善のために行う治療のファーストステップとして最適です。

ボトックス注入療法

歯ぎしりや食いしばり改善にボトックス注入療法

歯科で行うボトックス注入療法は、顎周りの筋肉(咬筋)
の過度な発達と固く萎縮している状態を和らげて筋肉を緩める治療です。
過剰になっている咬筋の力を弱めることで、噛み締め、食いしばりそのものが起きにくくなります。
1回の施術で約3ヶ月から6ヶ月の効果が続きます。(個人差があります)
注入後数日は顎の疲労感が出る場合もありますが、徐々に消失します。
個人差もありますが、顎の噛み締めがなくなった、顎周りが楽になった、エラはりが取れてフェイスラインがシャープになった、小顔になった、などの効果が得られます。

  • 強い食いしばりで顎周りの筋肉が発達してしまっている方(エラが張っている方)
  • 寝ている時の歯ぎしりと噛み締めが原因で顎の痛みを感じる方
  • セラミックの詰め物などが治療してもすぐに割れたり欠けたりしてしまう方
  • 噛み癖のバランスが悪く、顎周りの輪郭が左右非対称になってしまっている方
  • 食いしばりや過度な噛み締めの力が原因で、奥歯の歯周病が進んでしまっている方
  • 神経のない奥歯の根が割れてしまい抜いた経験がある方
  • 咬筋の張っている方の場合、インプラント治療の長期的安定のため
  • 笑うと、歯茎が見えてしまう方

副作用としては、術後しばらくは顎が疲れやすい、硬いものが噛みにくい、などです。ですが、この症状も次第になくなります。
通常、歯科医院で行うボトックス治療は、美容目的ではありません。小顔になったり、フェイスラインがシャープになると言った美容効果はあくまでも良い意味での副作用です。

歯科のボトックス治療の本来の目的

噛み合わせ治療や顎関節治療のひとつとして顎周りの筋肉を和らげて咬筋の過度な緊張を起こさないようにする。
補綴治療後の歯やインプラント治療後の予後を良くし、長期的安定を計るため。

歯ぎしりや食いしばりによる症状の改善には、ファーストステップとしてマウスピース療法を行いますが、顎周りの筋肉が張っている方やマウスピースそのものを装着することが難しい方には、はじめからボトックス注入を選択することもあります。
患者さんの症状や希望に応じて必要のある場合にボトックス注入を行います。

食いしばり、歯ぎしり、
噛み締め癖の詳細

未承認医薬品に
関する注意事項について

当院では、ボツリヌストキシン製剤に、メディトックス社の「Neuronox(ニューロノックス)」を使用しています。
 ボツリヌス注入療法に用いる薬剤として、国内唯一、厚労省に承認されているアラガン社のボトックスビスタがありますが、 当院で使用するメディトックス社の「Neuronox(ニューロノックス)」もボトックスと同じ効果が得られます。Neuronox(ニューロノックス)はボトックス ビスタのジェネリック品で国内未承認医薬品です。これは、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。
当院では国内輸入代行会社より供給を受けております。

  • 治療方法咬筋にボツリヌス注射を注入する。
  • 治療時間約30分
  • 治療費用(税込)¥47,300 技術費用1回につき¥3,300
  • 副作用・リスク顎が疲れやすくなる。治療後に重たい感覚が残ることがある。まれに注入部位に内出血が起こることがある。