当院では金属を
使わない
メタルフリー治療を
行っております

口の中の金属(銀の詰め物)は唾液、歯磨き、咀嚼(噛むこと)により、ごく微量ですが時間とともに溶け出しています。 この量は、唾液量や唾液のPH、噛む回数などにより個人差はあります。この溶け出した金属を自分の力で排出できなければ、 蓄積が進み体を汚染する可能性が考えられます。
また、口の中に入っている金属にアレルギーがある場合、その症状が皮膚や体調にも出現する場合があります。当院では、 お口の老化やアレルギーの発症を防ぐ意味でも、このような体に有害となる金属を取り除く治療を行なっております。
現在、技術の進歩により、ほぼすべての治療をメタルフリーで行うことができるようになりました。 金属の詰め物や銀歯の被せ物はプラスティック系樹脂(保険適応)やセラミック・ジルコニアに交換することができます。 金属を取り除くことで 金属による歯の変色も同時に治せます。酸化、劣化した有害な金属を口の中から取り去ると、唾液の質も向上し、口内環境が良くなります。

ピアスやアクセサリーでかぶれる
手のひらや顔、口周りに湿疹ができる
アトピー性皮膚炎、皮膚や皮膚疾患がある

などのアレルギー症状が疑われる場合、お口の中の金属も原因になっていることがありますので、ご相談ください。 体内の有害金属を調べるには体内有害金属測定検査「オリゴスキャン」をご覧下さい。

メタルフリー治療で使用する
セラミッククラウン・ジルコニアクラウン

anti
anti

銀合金、パラジウムの詰め物をジルコニアに変えるメタルフリー治療を行いました。
大臼歯は、強度を重視して無垢のジルコニアインレー.アンレーにし、笑った時に見える小臼歯は、セラミックのような透明感を出せる高透過性ジルコニアインレーにしました。
ジルコニアインレー/アンレー 1歯 ¥77,000
形成印象料金 1 歯 ¥5,500

金属の中でも、
とくに体に有害なアマルガム

アンチエイジング医学では、
歯科用金属のアマルガムの毒性について
警告しています。

これまでの治療で使われていた歯科用金属のアマルガムには水銀が含まれています。 現在では、汚染問題やより良い材料の開発により使われなくなりました。 しかし実際は、かなり多くの方がこのアマルガムを使った詰め物をしておられます。
アマルガムは、唾液や食物の酸で腐食し続け、噛む時の摩擦により水銀を含む蒸気を発生し、 自覚症状のないまま微量ながら体内に毒素として蓄積します。 その毒素は、胎児にも影響を及ぼしたり生活習慣病として発症したり、活性酸素を発生し老化を早めます。

※1991~98年に京阪神と岡山地区で、アトピーなどのアレルギー性皮膚炎のひどい患者を対象の調査で、 歯からアマルガムを取り除いたところ、1年後に70%の患者で皮膚炎が改善、58%が完全に治癒したとの報告もあります。