aadc 診療予約
無料相談

【審美歯科】

前歯のギザギザを治すには?

エステティックオルソメソッド(審美歯科)というと、セラミックの被せ物を入れたり、前歯全体をバーンと真っ白にしたり、と大掛かりで費用のかかる治療をイメージされる方も多いかもしれません。

実際、大きく変化を希望される方はそのような治療をするのですが、そこまででなく「ここだけがちょこっと直ったらいいのに、、」と言ったご要望も多く、当院ではそのような“ちょこっと審美治療”も日常的に行なっております。

審美治療は、費用的にもハードルが高いのでは?と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、本日の記事では費用を抑えた範囲でもできること、をご紹介しています。ご参考になれば幸いです。

ちょこっと。わずかに手を入れるだけで歯と口元の景観が変わるので、患者さん満足度、コスパの高い治療です。

 

例えばこちら。上の前歯の歯と歯の間の詰め物が劣化して茶色くなっています。「虫歯?!」と思われるような色ですよね。この場合は詰め物の変色でしたが、実際治療をしてみると、中が2次虫歯になっていることもあります。(古い詰め物だとよくあります)また、下の前歯の先端のギザギザと、尖った犬歯の形が気になるとのことで前歯の形態修正を行いました。
歯と歯の間の詰め物は、範囲が小さかったので保険適応の詰め物で治せました。歯の形の修正も行い、歯石も取ると、だいぶスッキリと綺麗になりました。ちょっとだけの治療でも、結構見た目が変わるものなのです。詰め物の治療は保険適応ですので¥2000かからないくらい、歯の形態修正は1本¥3300(自費)です。費用的にもそこまで負担は大きくない割に満足度は高いです^^

 

歯は、ほんの少しのことでも案外気になるもの。人から見たら、「そう?!」って思われるようなことでも自分にとっては大きな問題だったりするものです。細かい部分でも直してみると、とても景観が変わるのも事実。

大掛かりに治療をしなくても解決する方法もあったりします。気になるところがあったら、ぜひご相談くださいね。

 

前歯審美治療はこちら

前歯だけの矯正、前歯部分的な矯正はこちら

 

アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿の無料相談・ご予約はこちらから

≪ 前の記事 一覧へ戻る 次の記事 ≫